タオバオ(Taobao)購入時の2つの注意点 - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > ネット輸出入コラム > タオバオ(Taobao)購入時の2つの注意点

タオバオ(Taobao)購入時の2つの注意点

今回は、タオバオ購入時の注意点です。

タオバオで商品購入を考える時に、気をつけないといけないことは色々ありますが
その中でも、以外に仕入れの際に見過ごしがちなことがあります。

それは

・タオバオのお店の所在地
・購入代行会社の所在地

この二点です。


なぜ、この所在地が重要になるのでしょうか?
ここで再度確認してみます。

みなさん、タオバオ転売をする際に
日本のネットショップと同じ感覚で購入できるとお考えではないですか?

例えば、お店の商品在庫状況...。

タオバオのお店に在確認を取ったら「在庫がある」と回答をもらった。

じゃぁ、次に代行会社に購入依頼をしたらすぐに買える。
と思うかもしれませんが、これは間違いです。

タオバオのお店では、在庫確認をした時には在庫があっても
次の瞬間になくなっていることは往々にしてあり得ることなんです。

また、届いた商品には領収書や商品の明細書が入っている。
これもタオバオでの商品購入では、当り前ではありません。

日本の常識と中国の常識は違うことを頭に入れておかないといけないんですね。


そういう意味では、あまり考えないかもしれませんが
商品が手元に届くまでの日数。

これも日本の場合とまったく違います。

日本のネットショップで商品を購入した場合
そのお店の所在地がどこであろうと在庫があるものは次の日や遅くとも2、3日中に手元に届きますね。


だけど、タオバオで商品を購入した場合には、そのような訳にはいきません。

上海と広州で約1,600-700km
上海と北京で約1,300-400km

東京-大阪が約600kmほどですので、その広さが分かるかと思います。

この間、中一日や二日掛かることも普通にあります。


また、日本のように交通のインフラがまだまだ整っていないので
思った以上に中国国内でも時間がかかるんですね。

なので、荷物が早くほしい場合には
タオバオのお店と代行会社の中国の事務所の距離は、非常に重要になります。

また、タオバオ店舗と代行会社の事務所が近いからといって、すぐに届くとは限りません。
そいう意味ではもう一点、大事なことがあるんです。

それは、中国の主要都市と代行会社の事務所が近い
ということも重要です。

なぜかというと、通常、荷物はEMSで送ります。
EMSは通常、飛行機(Air)で送られてきます。

飛行場がない都市の場合は、飛行場のある都市まで
別途、輸送する必要があるということです。

せっかく、代行会社の事務所に荷物が早く届いても
代行会社が中国の田舎町にあったりしたら、そこから飛行機が飛んでる都市まで
時間を掛けて輸送するようなことがあれば、元も子もありませんね。

ですから、購入手続きをしたのに、手元になかなか、商品が届かない。
と思ってもこのようなこともありますので、大きな気持ちでいることも大切です。



> ネット輸出入コラム


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

協会提携パートナー募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。