今年最大の驚きかもしれません(爆) - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > ネット輸出入コラム > 今年最大の驚きかもしれません(爆)

今年最大の驚きかもしれません(爆)

先日久しぶりに東京で友人の岡田剛さんにお会いしました。
「これは!」と思った商材は必ず売ってしまう輸入ビジネスのスペシャリストで、数年前にいっしょにセミナーもさせていただきましたし、この間は協会のコラムも書いていただきました。
その岡田さんから、超ド級の情報を教えていただきました。

「直接お伝えしようと思いまして」と意味深です。

「実は......」ということでお聞きした内容。。。。。


笑い転げましたがビックリしました。


以前、わたしがネットビジネスが軌道に乗るまで新聞配達をしていた。

という話の流れで新聞配達をしている写真をちょっとだけ公開した(自分でではないです)のですが、その写真が無断引用されていたんです。

もうあまり見られたくないですが掲載させていただきます。

無断引用されたサイトです。
http://www.alanmedia.com/content_15_345.html

http://traducao-japones.blogspot.jp/2013/03/por-que-os-brasileiros-nao-leem-jornais.html

中国人のアルバイト募集のページと、ブラジルのサイトです。
中国のサイトは学生のアルバイト募集ページのようです。
勤務地は大阪です(笑)

ブラジルの方は、どうもインターネットが普及して日本では新聞を読む人が減っていると。
新聞を配る人にも影響が出ている。といった時事的な内容みたいです。

笑い転げました。
グローバルです。


わたしの画像など別にどうでもいいのですが、無断で画像引用して大きなトラブルになるケースもあります。
わたしの会員さんが以前ありました。
無断引用自体もちろんダメですが、もし使ってしまっていたならすぐサーバーから削除すればいいです。

ですが間借りの場合、つまりeBayなどの場合は、もし無断引用で使っていてその商品が落札された。そしてその後で著作権者からすぐ削除しろと警告されたとします。

この場合削除できません。eBayではオークション終了後90日間はその出品は表示されます。画像の削除もできません。
すぐに削除すればまず大きな問題に発展することはまずありませんが、この場合は大きな問題になります。

ですからみなさんも注意してください。
何度も協会会員メルマガで弁護士さんが執筆していただいていますが、掲載する画像は引用しても問題ない画像を使います。もしくは著作権者に了解を得るか自分で撮影します。

逆に自分で撮影した画像が使われていないかたまにチェックされるのもいいでしょう。
今回のわたしの写真のように遠い国々で使われているかもしれません。

一番簡単なのはGoogleの画像検索です。
画像検索画面に写真をドラックすればネット上で同じものがあれば引っ張ってくれます。

知識として持っておくだけでなく、法律やモラルに則ってその知識を使うように
しましょう。


2014.11.09


> ネット輸出入コラム


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

協会提携パートナー募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。