輸出入ビジネス:売れる商品ができたら次に考えること - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > ネット輸出入コラム > 輸出入ビジネス:売れる商品ができたら次に考えること

輸出入ビジネス:売れる商品ができたら次に考えること

塚原昭彦です。あるコンサルティング会員さんから「意匠登録」についてのご質問をお受けしました。
こういう権利は自分を守るためとライバルを排除できる目的があります。

あるレベルにいくとこういった考えになります。

ネット仕入れに未来はありません。と別のメルマガで書かせていただきました。
副業で月数万円の利益というのであれば問題ないでしょうが、大きな収益の柱として考える場合、「特別なもの」が必要になってきます。

意匠登録」のようなものも特別なもとといえます。

こういうものは基本早いもの勝ちなんです。

たとえばAという商品を販売していて、後からライバルがBという商品を販売開始しました。
デザインなどAと酷似しています。

AのメーカーはBのメーカーに何らかの申し立てはできるかどうか。

Aのメーカーが意匠権をとっていればもちろん言えます。
Aのメーカーが取っていなくてBのメーカーが先にとってしまうということもありえるわけです。

上記では意匠権以外の事柄も絡んでくるので簡単ではないですが、自分を守ると言う意味ではこういう権利は取得しておかれた方がいいでしょう。

この辺りは協会会員限定メルマガの11月25日号に西澤弁護士に詳しく解説していただきましたが、わたしたちが扱えることになり、売上げをあげることができる商品に関してはその後のソフト面に関するケアは必要になってくるということです。


2014.12.06


> ネット輸出入コラム


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

協会提携パートナー募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。