ネット輸出入ビジネスは「仕事」といえるのか? - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > ネット輸出入コラム > ネット輸出入ビジネスは「仕事」といえるのか?

ネット輸出入ビジネスは「仕事」といえるのか?

昨日、日本のメーカーの電気暖房製品が南米チリで大人気というテレビを観ました。
「トヨトミ」という愛知県の会社です。 http://www.toyotomi.jp/

性能が良いということと、現地でのインタビューでは、トヨトミの商品を持つのがステータスとも言っていました。

チリとは、経済連携協定(EPA)を2006年に結んでいます。
輸出入の関税がないので、わたしのコンサルティング会員さんもチリと取引されている方は結構多いです。

トヨトミの工場で働く人はその現地のインタビューを見て涙ぐんでられました。

地球の裏側くらいで自分たちが作った製品が使われていてお客様に感謝されている。
仕事に誇りを持てますし、やりがいも大きくなるでしょう。

テレビを観ていて羨ましかったです。


以下の興味深い記事がネットで出ていました。

「なんで働かないといけないんですか?」と聞いた学生への、とある経営者の回答。というものです。

ある経営者が直接学生にメールで答えたものですが、「働くことはあなたに多くの物をもたらすでしょう」として以下のことを伝えました。
(いい内容でしたが割愛して項目だけ列挙します)

1.働くことは、お金をもたらす
2.働くことは、明確な目標をもたらす
3.働くことは、出会いをもたらす
4.働くことは、学びをもたらす
5.働くことは、信用をもたらす
6.働くことは、自信をもたらす


わたしたちが行っている「ネット輸出入ビジネス」。
当然わたしは「仕事」として認識し経済活動を行っていますが、多くの実践者、また周りの人は「1」にフォーカスしすぎて仕事ではなく作業、もっといえばゲーム的なものになっている(思っている)節も否めません。

ネット輸出入ビジネスを「仕事」、職業と堂々と言えるためには、やはり販売のプロでなければと思っています。

日本にはまだまだたくさんの優良企業、商品があります。

わたしたちの役割は、世界に見てもらえるようにすることです。
まさに橋渡し役的な役割を担っていきたいです。


わたしは、ネット輸出入ビジネスの認知度をあげるため、社会性を向上させるため日本ネット輸出入協会を作りました。

大きすぎる目標ですが賛同してくれる方々といっしょに地道に活動していきます。


一般社団法人 日本ネット輸出入協会

代表理事 塚原昭彦

2015.01.08

> ネット輸出入コラム


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

協会提携パートナー募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。