Google Analyticsの正しい使い方 ~キーワードデータはこう使う~ - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > ネット輸出入コラム > Google Analyticsの正しい使い方 ~キーワードデータはこう使う~

Google Analyticsの正しい使い方 ~キーワードデータはこう使う~

以下の記事は会員限定メールマガジン2011年03月10日号の一部です。


Googleのアクセス解析ツールである「Google Analytics」は海外販売する場合は必ず導入すべきツールでありますし、国内サイト販売におきましても、成約率を高める大きな役割を果たしてくれます。

今回は、Google Analyticsの数あるデータの中の、「トラフィックサマリー」の「キーワード」についてお伝えしたいと思います。

データを活かすのは、ある程度のアクセスと運用期間(半年くらい)、サイトボリュームが必要です。

キーワードの項目では、実際に検索エンジンで検索されたキーワードが表示されます。

上位5位まで表示されます。
ここでそのサイトで狙っているキーワードが上位にでてきているかをチェックします。

思惑に反して、違うキーワードが上位なら対策が必要で、現在、「売れていない」場合は、もともと狙っているキーワードを上位にあげる施策が必要となってきます。
売れるようにするには、時間がかかるパターンです。

一方、現在、「売れている」場合は、そのキーワードのコンバージョンを測定しなくてはいけませんが、その上位のキーワードをメインキーワードにすることによって、より高いコンバージョンを比較的簡単に得られる可能性がでてきます。

次に「完全なレポートを表示」をクリックしますと、期間内のすべてのキーワードを表示されます。

セッションは少ないけれど、
・「閲覧ページ数」が多い
・「滞在時間」長い
・「直帰率」が少ないキーワードはピックアップしておく必要があります。

そのキーワードをコンテンツに入れたり、ページを作ったりすることによって、そのキーワード検索のアクセスを集めます。

お宝キーワードになる可能性があるものなので、定期的にチェックしてみてください。

一般社団法人 日本ネット輸出入協会 会員のお申し込みはこちらから


> ネット輸出入コラム


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

協会提携パートナー募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。