中国輸入は、輸入止し止め申請されているブランド情報を参考に - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > ネット輸出入コラム > 中国輸入は、輸入止し止め申請されているブランド情報を参考に

中国輸入は、輸入止し止め申請されているブランド情報を参考に

こんにちは。
タオバオの歩き方:徳原です。

またまたご無沙汰してすみません。
今回は、みなさんが気になる話を少ししたいと思います。

タオバオで商品購入する時...
というか、中国で商品購入して転売をすることを考える時に
どうしても問題になってくるのが【ニセモノ商品】です。

ブランド名が付くモノを購入する際はそのブランド大小に関わらず
ニセモノであるかないかに注意する必要があります。

そのニセモノの定義というか、判断は我々ではできません。
なので、ブランド商品をタオバオで購入することは極力避けるべきなんですね。

というのが、普通のことでこれまでも私に限らずみんなが話していることです。


重要なのはここからです。

事前にブランドモノと分かっていれば、気をつけることもできます。

しかし、中には中国ブランドのものや単にお店独自に付けられたブランドなど
いわゆるニセモノの疑いがあるブランドとそうでないブランドがあります。

それはどうやって判断すればいいのでしょうか?

ちょっと話は変わりますが
ニセモノの定義というか世間一般的にニセモノとして
税関で問題になるのは商標権が登録されているブランドです。

また、税関で止められる商品の多くは

輸入止し止め申し立て

が申請されているモノです。


この【輸入止し止め申し立て】ブランド情報が
事前に分かれば先のように

「この商品(ブランド)は仕入れてもいいか、悪いか」

で悩むことはありませんね。


でも、そんな情報はどうやったら分かるのか?


実は簡単に分かるんですね。
というか、一般的公開されています。


それがこちらです。
http://www.customs.go.jp/mizugiwa_search/chiteki/index.htm

実は税関のHPで情報が得られます。

ここに出ているブランドモノは
輸入時に税関で検査対象になる確率が高いです。

仮に本物ブランド商品であっても
税関で検査になるということです。

もちろん、本物であれば問題ありませんが
多くの場合は、その証明が求められます。

(領収証の有無やブランド側の証明書など)

逆にここに出ていないブランドは
税関で差し止めになることは多くありません。

ただ注意して下さい。

輸入止し止めの申し立てがないからと言って
ニセモノを仕入れてもいいという訳ではありません。

申し立てのある商品は、本物商品でも検査される可能性が高く
ない商品は、検査される可能性が低いというレベルの話です。


この輸入止し止め申請されているブランド情報を参考に
自分が仕入れようとしている商品は、どうなのかという一つの目安になります。


またこの情報は何も中国輸入に限ったことではありません。
世界中どこからでも購入した商品が対象です。

税関を通過する際に検査されるブランド情報ということです。

上手く活用すれば
余計な時間にとらわれることも少なくなるかと思います。

是非、みなさんのビジネスにお役立てください。




> ネット輸出入コラム


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

協会提携パートナー募集

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。