Googleの検索結果から消えてしまいました

Googleの検索結果から消えてしまいました

9月17日、SeesaaブログがGoogleのペナルティを受けて検索結果から消えました。 久しぶりにびっくりしたと同時に思ったことは、「タダのは怖いな」ということと「Googleは容赦ないな」ということです。 これはアマゾンでも言えることで、どんなに販売してても規約違反等があれば容赦なしでサスペンドにします。本当に怖ろしいです。 今回のペナルティは被リンク関係だと思われますが、Seesaaブログを使ってビジネスをされている方は大打撃です。 昔は「ブログアフィリエイト」が流行った時期がありました。 わたしもサラリーマン時代やったことありますが、今では無料ブログのアフィリエイトなんか怖くてできません。 20日の夜に元に戻ったようですが、今回ペナルティを受けなかったのは、「独自ドメイン」を使用しているSeesaaブログでした。 趣味ではなくビジネスですからお金をかけるところはかけないといけないですね。 これはASPの共有ドメインでも起こりえることです。 ネットビジネスは何かに依存する割合が多いビジネスです。 ひとつのビジネスモデルに偏るのは危険で、いろいろなリスクヘッジすることが大事です。 あと注意が必要なのは紐付けされてペナルティを課せられることもネットビジネスでは往々にして起こりえます。 たとえば前述したアマゾン。 日本、アメリカ、ヨーロッパと3つのアカウントを持っていたとします。 そのうちのひとつが何らかの原因でサスペンドになってしまった場合、紐付けされていれば他の2つもサスペンドになります。 いきなり売上げが0になるという恐怖は考えただけでも怖ろしいです。 アマゾンは外注さんにお手伝いしてもらいやすいのですが、いろんな人のアカウントのお手伝いしている外注さんは要注意です。 手伝っているAさんのアカウントがサスペンドになった場合、全く関係のない同じく手伝っているBさんのアカウントも止まる可能性があります。 輸出ビジネスに限って言うと、たくさんの商材を扱うこと、いろんな販売方法(eBay・アマゾン・サイト販売・その他)をもっておくこと、できたら複数のアカウント(eBay・アマゾン)で運営することなどは必要だと思います。 あとは冒頭にも書かせていただいた「タダは怖い」ので、必要と判断したらお金をかけていくことも必要でしょう。 ネットビジネスは「攻めやすい」ので、みなさんスピード感もってドンドンされる方は多いですが、同時に守りもガラガラの方も多いのです。

2015.09.21
一般社団法人 日本ネット輸出入協会
代表理事 塚原昭彦



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME