スイス - 一般社団法人 日本ネット輸出入協会

一般社団法人 日本ネット輸出入協会

HOME > 海外現地情報 > スイス

異質さと親近感 〜スイス人の目に映る今の「日本」の姿とは

1990年代半ばごろまで、日本からの観光客は、ヨーロッパのいたるところでみかけられ、カメラをぶらさげて急ぎ足で各国を横断する観光客の代名詞にまでなっていました。しかし、そのようなヨーロッパ観光地で名物だった「日本人観光客」の姿は、バブル経済がはじけて以降、一気に影をひそめます。今日、ヨーロッパの観光地で、博物館の多言語の音声ガイドで日本語サービスがなかったり... つづきを読む


「今日はちょっと、いろいろあって」 〜言葉の通訳と異文化間のコーディネイト

わたしはプロの通訳ではありませんが、これまで、たびたび日独の通訳の仕事に携わることがあり、通訳という仕事をテーマに、先日スイスの新聞社から取材を受ける機会がありました。 質問を機に、自分のこれまでの通訳の仕事について改めて考えてみて、気づいたことがありました。それは、一つの言葉から違う言葉への変換作業だけでなく、その背後で、日本とドイツ語圏という二つの大きく... つづきを読む


牛の角をめぐる国民投票 〜スイスの直接民主制とスイスの政治文化をわかりやすく学ぶ

スイスは直接民主制の国として世界的に知られています。最近、この民主制を理解するのに格好の、わかりやすい事例がありましたので、今回はそれをみていきながら、現代スイスの政治システムとそれをとりまく政治文化について、概観してみたいと思います。 スイスの直接民主制とは 現在世界のほとんどの民主主義国家では、有権者たちが選んだ代表者(代議員)を議会に送る「間接民主制(... つづきを読む


スイスの女性の社会進出のネック、新潮流、これから 〜スイスというローカルな文脈からの考察

前回の記事で、スイスの大手企業で導入が決まったクオータ制(役職の一定割合を女性に割り当てる制度)について、様々な異なる意見をみながら、クオータ制がもつ特徴を、長所だけでなく問題点や課題なども含め整理してみました(公平な女性の社会進出のルールづくりとは 〜スイスの国会を二分したクオーター制の是非をめぐる議論)。 今回は、このようなクオータ制が取り入れられる新た... つづきを読む


公平な女性の社会進出のルールづくりとは 〜スイスの国会を二分したクオーター制の是非をめぐる議論

今年6月、スイスの国民議会で、企業の執行役員会と取締役会にクオータ制を導入する案が可決されました。クオータ制とは、役職をの一定の割合で女性に割り当てる制度です。これにより、将来従業員250人以上の上場企業の取締役員の30%、執行役員の20%以上を女性が占めることが義務付けられました(ただし罰則規定なし)。 この導入案は、わずか一票差(賛成95票、反対94票、... つづきを読む


若者たちの世界観、若者たちからみえてくる現代という時代 〜国際比較調査『若者バロメーター2018』を手がかりに

今年8月末、若者の考えやライフスタイルを探る国際比較調査『若者バロメーター2018』が発表されました。これは、クレディスイスが、スイス、アメリカ、シンガポール、ブラジスの4カ国を対象に隔年(2016年までは毎年)行なっている依頼調査の最新版です。2018年版は、2018年月から5月にかけて上述の4カ国の16歳から25歳までの約1000人の若者を対象にしてオン... つづきを読む


デジタル時代の報道機関の「質」をめぐる攻防戦 〜「メディアクオリティ評価」と社会

前回、それぞれのメディア(各紙やラジオ番組など)の質を明確にするという、スイスのメディアクオリティ評価の概要についてご紹介しました(「メディアの質は、その国の議論の質を左右する 〜スイスではじまった「メディアクオリティ評価」)。 今回は、メディアクオリティ評価が社会に実際に与えるインパクトや、報道機関とメディアクオリティ評価の関係について注目してみます。そし... つづきを読む


メディアの質は、その国の議論の質を左右する 〜スイスではじまった「メディアクオリティ評価」

今日、新聞社、放送局、出版社などの従来型の報道機関は、ネット上に存在する様々な情報発信源との読者獲得の熾烈な競争を強いられ、報道機関としての影響力が相対的に減少しているだけでなく、有料購読件数や広告収入の減少により、存続のための財政基盤が揺らいでいます(「「情報は速いが、真実には時間が必要」 〜メディア・情報リテラシーでフェイクニュースへの免疫力を高める」、... つづきを読む


コメディは社会のセラピー 〜ドイツの人気コメディアンと「#MeTwo」ムーブメント

先日、ドイツのテレビであるコメディアン・ショーを見て、ある思いがよぎりました。 今年の夏、ドイツのメディアでは、難民やイスラム教徒のトルコ系移民へ反発するで極右勢力支持者たちによる排斥的な動きが、連日のように報道されていましたが、笑いやユーモアというものは、もしかしたら現在のような状況において、他のイニシアティブよりも意外に頼もしい効力を発揮するのではないか... つづきを読む


ヨーロッパのタトゥーにみえる社会心理(2)〜社会との相互作用で変わっていくタトゥー「感覚」

前回、ヨーロッパで近年、タトゥーが広く流行していることについて、ご紹介しました(「ヨーロッパのタトゥーにみえる社会心理(1) 〜高まる人気と社会の反応」)が、今回は、社会心理的な側面から、ヨーロッパの現在のタトゥー文化やその将来について、考えてみたいと思います。 北米タトゥー保持者のタトゥー心理 まず、昨年発表された北米の人を対象にして、タトゥーをする人の心... つづきを読む



2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次 》


日本ネット輸出入協会公式メールマガジン【無料】

【日本ネット輸出入協会公式メールマガジン】ネット輸出入のしくみ
ネット輸出入ビジネスについての情報やノウハウ・成功事例について書かせていただいています。
※ このメールマガジンは【協会会員限定】のメールマガジンではありません。



発行周期:不定期

PageTop

協会入会案内

セミナーdvd

コラム執筆者

協 会 新 着 情 報

協会発信コンテンツ

取材・セミナーについて

取材執筆出張セミナーなどのご依頼はこちらから ご連絡ください。折り返しご連絡差し上げます。

協 会 概 要

協会理事運営サイト

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME -  協会について -  協会入会案内 -  活動報告 -  理事の紹介
協会会員限定メールマガジン目次 -  海外在住のコラムニスト募集 -  協会提携パートナーの募集
協会概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。